カードローン審査に通らなくてショックを受けていませんか?

消費者金融のカードローンでは審査基準が決まっています。そこで審査に通らないのには理由があるのです。

もし通らない理由を考えないで、次々に別の消費者金融に申し込みを入れても、審査基準は基本的に同じなので同じような結果になるだけです。

カードローンの審査に通らないという理由と審査にできるだけ通るようになる方法について解説します。

単純に過剰借り入れの状態

借入先件数が多く、借入総額が多い場合は返済不能に陥る危険性があるとみなされ、カードローン審査に通らない理由となります。

この場合は借入件数をおまとめローンなどでまとめる、借入額を減らす、中小消費者金融などの審査が緩い借入先をあたるといった方法が有効です。

信用情報機関にブラック情報が記録されている

過去に長期延滞、自己破産等の債務整理などを行った人は、信用情報機関にブラック情報が記録されています。

この状態だとカードローン審査に挑んでも殆ど審査落ちになってしまいます。

中小消費者金融の中にはブラック情報がある人でも通過することがあるので、狙ってみるといいでしょう。

収入が低すぎる

収入が低すぎる場合、総量規制などの法に引っかかりカードローン審査に通過しません。

基本的には低収入であっても総量規制の範囲内であればカードローンでの借り入れは可能です。

年収の3分の1以上の借り入れをすでに行なっているのであれば、新規でカードローンの利用は厳しいでしょう。収入が低いと総量規制にすぐに到達してしまうので気をつけましょう。

例えば、年収が180万円の型の場合、他社ですでに150万円のカードローンを行っていると総量規制により残りが30万円までしか借り入れができないとなります。

30万円までの借り入れの希望を出したとしてもギリギリですから審査を通過しない可能性が大きいでしょう。それはすでに150万円分の分割返済が月々の支払いの負担になっていると考えるからです。

カードローン審査はあきらめて、国や自治体の行っている低所得者向け融資での借入を考えてみましょう。

消費者金融のカードローン審査には落ちてしまう理由が必ずあります。

理由を改善することで審査に通過する可能性は高まりますので、自分の状態を知って、少しずつでも改善するようにして下さい。