会社にバレない消費者金融

カードローン会社連絡なし!
在籍確認審査がばれない消費者金融はどこ?

在籍確認が不安で、会社連絡なしでカードローンをしたい方は必見!!

申し込み時に電話による在籍確認なしのカードローンがおすすめ!

↓会社に電話がこない↓
ロゴ_232x72

電話なしにするかわりに、社員証などの勤務先確認ができるカンタンな書類を写メorFAXで送信するだけ。たったこれだけのステップで職場に電話連絡なしで借りることができます。

手順としては、上記の公式サイトから借り入れ申し込みをする際に、書き込み可能な空欄があればそこに「職場電話NG」などと記入しておくと話がスムーズです。あるいは、申し込み終了後に携帯電話に連絡がきたら、その際にでも伝えると電話なしでカードローンをする手はずを整えてくれます。

■在籍確認について

本来であれば、カードローンの申込み時に在籍確認のため、職場に電話がかかってくる金融が多いはずです。それが通常の審査になります。この審査を通過しないと融資はありません。自営業やフリーの方の場合は自宅へかかってくることになります。

基本的に、在籍確認の電話は、カードローン会社からのものだとは分からないようにしてかかってきます。消費者金融えお名乗ることはなく、担当の個人名でかけてきます。

ですが、それでも審査の電話がかかってくるのを嫌う人もいます。
このようなことから、最近では在籍確認なしでカードローンを行っている消費者金融が増えてきています。

カードローンでお金を借りる方の在籍確認や住所などの確認はお金を貸す側としては必須の事項ですが、これについてはインターネットを利用して確認する方法を取り入れ、電話による在籍確認なしとしたものです。

具体的には、必要な書類をスキャンあるいはスマートフォンなどのカメラで撮影してメールで送付します。

必要な書類とは、まず、本人が確認できるものとして、運転免許証、健康保険証、パスポートのいずれかとなります。次に、場合によって本人の所得を証明する書類が必要で、源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、給与明細書のうちのいずれかが必要になります。

つまり、在籍確認なしというのは、電話なしで借りれるけれど、書類によって在籍確認の審査を行いますよという意味なのです。

ですので、電話連絡なしでカードローンをしたい方は本当に安心して借りれるのでおすすめ。

■在籍確認の審査を回避する方法の流れ・・・

上記のステップを踏む際にどのタイミングで消費者金融側に「在籍確認の電話なし」で
カードローンを組みたいと言えばいいのか?

わからないですよね。

まず1つはネットからの借り入れ申込記入欄に、備考などがあったりしてそこに書き込みができたりしますので、そこに「職場への電話NG」というような希望を入力しておきます。

それか2つ目は、とりあえずネット借り入れ申し込みを普通に済ませ、その次に携帯電話へ本人確認の電話がかかってがきますので、その際に勤務先への電話連絡は避けてほしい旨を伝えればすぐに書類のみので在籍確認を完了させる流れを整えてくれますので、安心です。

ですが、丁寧に伝えることが必要です。誰でも簡単に「在籍確認なし」が可能になると思っていてはいけません。職場電話NGの内容によっては電話連絡は避けられないかもしれません。それ以前に、入力した内容での審査の段階で、電話をかけて確認することが、融資の条件というくらい厳しいことになるかもしれません。

■では、会社連絡なしでカードローンができる
おすすめの消費者金融はどこなのか?

1.プロミス

2.アコム

この2つがおすすめです。どちらも大手の消費者金融です。

それぞれおすすめな理由があるのですが、

プロミスは、消費者金融の中で一番の低金利!そしてはじめて利用される方のみ無利息期間あり。

アコムは、クレジットカードが同時発行可能なマスターカードがあるのでショッピングにも利用可能。

この2つの消費者金融にはそれぞれの強い魅力があります。

あとは用途に合わせて選べばいいと思います。

無名な消費者金融はおすすめできません。いわゆる街金やヤミ金と呼ばれていたものが、よくわからないカタカナの名前に変更してしぶとく生き残っていたりします。でも中身は怖い金融のままですので、決してマイナーな金融には手を出さないようにしましょう。高利貸しの金融がほとんどですし、借りるのは楽でも後々苦しい思いをしてしまいますので要注意。

やはり大手の有名な消費者金融のほうがどこのコンビニでも借り入れや返済ができますので、
とても便利です。

カードローンの申込みで在籍確認をするのはなんのため?

カードローンやキャッシングなどの消費者金融では、審査のために在籍確認を行ないますが、何故在籍確認が必要なんでしょうか?

在籍確認が必要な理由とは、金融機関が利用者に対して、お金を貸した後にちゃんと返済が出来るのか、遅延なくお金を返せる人物なのか、を判断する為です。

消費者金融は貯金の額を聞いたりしてきません。例え、貯金がゼロでもお金を貸してくれます。まとまったお金を持っていることが重要ではないんです。収入がいくらでも、毎月一定の額の収入がある仕事に就いているかということが大事なんです。

カードローンやキャッシングを申込む際に、個人情報を入力していきますが、最も重要視しているのが、勤務先の情報なんです。勤め先の名称所在地勤続年数年収など。消費者金融によっては、もっと細かく尋ねられます。例えば、勤務先の社員数雇用形態最終学歴業種、もしくは職種、そして健康保険の種類

自分個人の情報よりも聞かれることが多いですね。それほど、職に就いているかを重視しているんです。

在籍確認なしのカードローンができる金融の探し方

職場に電話なしでカードローン・キャッシングができるかどうかを借り入れする前に見分けるポイントというのは特にありません。

ですが、消費者金融なら、プロミス、アコム、モビットあたりは在籍確認の電話なしで借り入れできます。

公式HPで電話なし、郵便なしと明記してるのはモビットだけですが、このモビットはカンタンに言えば正社員しか電話連絡なしで借りることができません。

ですが、プロミスやアコムは正社員ではなくても会社連絡なしで借り入れできるので安心です。

探す方法とタイトルに記載しましたが、すでに探さなくてもこうしてはっきり消費者金融側の特徴として現れてるので利用しやすいです。

たとえば、クレジットカードなどを持っていて、そのカードローンの借入れでお金を借りるとなってくると審査があるのが普通ですが、その審査で勤務しているところに電話をかけたりといった在籍確認があるのが通常の流れです。

もちろん、上記に記載した金融など、在籍確認なしで申し込みをすることができるカード会社がいくつもあるのですが、クレジットカードの新規発行の審査とはまた違ってくるのもあるわけです。

(その点でもアコムのマスターカードの審査は甘めなのでおすすめ)

そのため、在籍確認自体はカード発行時に済ませていても、カードローンの審査で増枠申込の確認などがある可能性も高いですが、在籍確認に関してはあらかじめ予告がないのが一般的です。

そのクレジットカードを発行するタイミングで確かめておくのがベストになってきます。

カードローンについて、Q & A

Q:入社2年目で手取りが少なく、カードローンの申込みが出来るのか不安です。

A:はい、収入が少なくても借入は出来ます。ちゃんと勤め先に在籍している訳ですから、心配することはありません。ただ、収入によって、融資額が変わってきます。無理なく返済出来る額を貸してくれるということです。無理な額を貸してしまって、毎月の返済が滞るようなことが生じてしまったら、消費者金融側とトラブルになってしまいます。消費者金融側も、スマートに利用していただいて、返済し終わったら、また利用していただけるリピーターになって欲しいので、トラブルが起きないように、利用者に無理をさせないということです。そのために審査には偽り無く答えましょう。

Q:以前、友人がカードローンを申込んだ時に、在籍確認の電話NGということを伝えなかった為に、消費者金融の会社名で職場に電話がかかってきたと言っていました。そのせいで、社内で噂されるようになってしまい、辛い思いをしたらしいです。ちなみに、申込んだのはCMもなにもやっていない無名の消費者金融でした。ちなみに大手の消費者金融は貸し渋るから嫌だと言っていました。

A:はい、無名の金融はおススメしません。やはり大手は対応もサービスも充実しています。なぜなら、銀行の名前を借りているからです。お客様に迷惑をかけて金融庁に目をつけられたらお終いです。消費者金融というあまり良くないイメージを、広告費と時間をかけて良いイメージに変えてきましたから、下手なことはしません。簡単に借りれるからと言って、在籍確認等、審査をまともにせずに、多額の融資をしたり、法外な金利を後からふっかけるようなことがあります。ですが、大手の消費者金融ならそういうことは絶対にありません。無名の金融だったらまだあるかもしれないですね。いつ潰れてもよい怖いもの知らずの消費者金融というのも未だに存在しますから。騙されないようにしましょう。